サッシ・防水透湿シート張完了

壁、屋根の防水シートの役割は、「外壁や瓦下の隙間に入り込んだ水を外壁や屋根内に入れず外に流すもの」という事です。
しかし、一般に防水シートの防水能力はあくまでも外壁仕上げや瓦と協力して発揮されるものと考えられ、防水シート単体では十分に発揮されません。
防水シートの施工は、水下(水の流れ方向の下流)側から貼り始め、水上(水の流れ方向の上流)側の防水シートを重ねて張り、タッカー釘などで固定するのが標準です。
このような固定方法ですから、重ね代の部分には必ず隙間が有り、工事中などで壁、屋根仕上げ前の場合、防水シートに直接大量の雨水がかかった場合(特に吹降りの雨の時などは)容易に雨水が建物側に侵入します。
実際の外壁や屋根では、防水シートの上の仕上げ材がまず雨水や風を処理し、それらが処理できなかった雨水や風を防水シートが処理する事になります。
ですから、現実の防水シートの負担は大幅に軽くなり、一見ラフに思える施工でも十分に防水層としての性能を発揮する事ができます。
この様なことから、防水シートの張り方のルールを守り、水滴の水溜りのできる部分や、水下側を上に重ね建物側に水滴がにげてしまう様な部分がない限り、防水効果は発揮されます。
防水シートは紙状の薄いシートですから施工中に案外簡単に破れます。
しかし、外壁や屋根の仕上げまでに適切に補修されていれば特に問題ありません。