oka_001

やはり、当初の予想どおり、地盤改良工事が必要になった。
施工したのは小口径鋼管杭工事で、1棟あたり一般構造用炭素鋼鋼管STK400径114.3mm杭長17.5mを23本打込み(回転式)。

oka_002

鋼管杭の場合、特に大切なのが管の溶接。
時間をかけて溶接し、そしてある程度覚ましてから作業を再開。
この繰り返しで確実に作業を実施・